Burning Methane from Frozen Lake



この人たちは決して火遊びをしているわけではなく、れっきとした大学の研究者なのだ。

アラスカのタンドラ地帯では、太古より永久凍土層によってメタン(methane)が地中に閉じこめられてきた。このすごい勢いで燃えているガスの正体はそのメタン。

ここのところアラスカの北極圏の氷河が、急速に溶け始めているという。その大きな原因と見られるのが、実はこのメタンガスだ。メタンガスというのは、温暖化ガスとて目の敵にされているCO2(二酸化炭素)よりも20倍も悪影響がある。

今、アラスカの自然は、温暖化(global warming)により氷河が溶け、メタンガスが大気中に放たれる。それによりいっそう温暖化が進み、氷河が溶ける速度が加速するという悪しきサイクルに陥っている。

この流れをストップするには、我々が温室効果ガス(green house gas)の排出を減らすしかない。

やっぱし、環境のために、クルマはプリウス買わないといけないかな?


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
お前はトヨタ自動車の回し者か〜!