「英語学習に役立つサイト(仮名)」の製作をすすめるうちに、大変なことに気がついた。なんとInternet Explorer(IE)を使うと、表示が崩れてしまうのだ。

Safari、Firefox、Opera、GoogleのChromeなど、IE以外なら、どのブラウザーをつかっても、素早くきれいに表示できるのに、IEだけがダメだ。どうやらIEだけ少し規格か何かが違うらしい。

いろいろやったが、いじればいじるほど、デモホームページの表示が崩れていった。気分を変えて、今の国内のインターネットブラウザのシェアを調べてみた。

株式会社Jストリームというところが、今年の初めに調査したところによると、現在新旧含め、Internet Explorerのシェアは、66%とのこと。実はその1年半前の2007年9月に調査したときは、Internet Explorerのシェアは約90%だった。

近年シェアを伸ばしているのは、Firefox。最近では、アップルのSafariも、Windows用を出して、利用者が急激に伸びている。

個人的に、この週末、Operaというのを初めて無料ダウンロードして使ってみた。表示速度は、なんだか一番速い気がする。僕がMacで作っているサイトの表示も正確で速い。

日本人は、黙っておとなしくInternet Explorerを使っていると思いきや、意外とIEのシェアが下がってきている。

僕も、Windowsを使うときには、IEは使いにくいので、Firefoxをよく使う。IE8は、特に最悪で、超使いにくいと僕は思うのだが、どうですみなさん?

インターネットブラウザは、基本的に無料なので、みんなもっといろいろなブラウザを試してみたらいいと思う。このブログで紹介した英辞郎CD-ROM版に入っているソフトウエアのマウス辞書検索も、IEだけでなく、SafariでもFirefoxでも、Operaでも作動する。

結局僕のサイトは、「Internet Explorerでは正しく表示できません」と冒頭に書いて、Firefoxの無料ダウンロードのバナーをつけることにした。

みなさん、IE以外のブラウザ、もっと使ってみましょう!