待ち遠しい次期iPadの情報です。

DigiTimesが関係筋からつかんだ情報によると、iPad 3は、2012年1月26日にiWorld というイベントで発表されるとのこと。

大きな特徴は、解像度を大幅に向上し「レティナ・ディスプレイ」となる9.7インチのスクリーン。現在より画面の密度が倍増となり、かなりインパクトがありそうだ。この液晶パネルを供給するのは、日本のシャープ。バックライトもデュアルLED技術を用いてさらに明るくなる。

そして、どうやら噂されていて、7.85インチ画面のiPad miniの登場は無い。これはスティーブ・ジョブズの意向で、アプリケーション(App)開発に混乱をきたさないための配慮だ。

心臓部であるプロセッサーも、iPad 2に使われるA5からA6に進化する。当面は、廉価バージョンとして、iPad 2も併売される見込み。

実際の発売日に関しては、故ジョブズの誕生日2月24日になるという見方が強まっている。

来年早々、楽しみですね。

関連サイト

DigiTimes より