Sankei Bizの記事「TOEIC高得点社員の英語力ギャップ なぜ?人事担当者もビックリ」で、TOEICのみでその人が英語で仕事ができると思い込む危険さについてレポートされていた。

<記事からの抜粋>
入社後の実体を聞いてみると、TOEICのスコアは高いが英語でビジネスメールが書けなかったり、英語圏の外国人との会話ができなかったりするらしく、企業の人事担当者も頭を抱えているそうです。

TOEICはあくまで読む・聴くのテストなので、実際に話す・書くについてはテストされていないのは、自らテストを受けていればわかりそうなものだ。しかし自分自身のTOEICスコアが低かったりすると、TOEIC高得点に幻想を抱いてしまうのだろうか。「TOEIC800点もとっているんだから・・・」といったぐあいに。

救いは、TOEICに要求される聴き取り、文法、リーディング力強化のために、リピーティングや音読など声を出して行う英語トレーニングが普及してきたこと。やはり黙読や黙って聞くだけでは現実のコミュニケーションには役立つ力はつきませんよね。

TOEICにはSWというスピーキングとライティング力を測るテストもあるのですが、まだまだ受験する人は少ないようで、企業も料金が高いことから導入をためらうところが多いようです。