2008年09月

Geekologieという変わったサイトを見ていたら、こんなものを発見した!

最初が、フィッシュ・アンド・フラッシュトイレ水族館。(「flush」は「トイレを流す」の意味)↓

Fish 'N Flush Aquarium

その仕掛けは、2枚目の写真をなるほどと分かる。Youtubeでは、実際にこのトイレを流すところを実演している。しかし、なんとも・・・。

***

もう一つがこれ。なんとフェラーリのステーションワゴン。↓

A Ferrari Station Wagon

なんでもブルネイの王族が特注で作ったそうな。おそらく世界で唯一だろうが、一体いくらしたんだろう?この記事を書いた人は、そんな金を出せば何でもできるというやり方に対し、「making me sick to my stomach(吐きけをもよおす)」と痛烈なコメント。でもよく見ると、意外とかっこ良かったりして。あのポルシェが売り上げアップのためにSUVを作ったように、そのうちフェラーリもほんとうにステーションワゴン作ったりして・・・。


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
お〜い!魚を変なところで飼うなよぉ!


X1FM on your iPhone (Tutorial)


今日仕事で外出したとき、同行していたうちの会社の同僚に「インターネットラジオってすごくいいから使ってみたら」と言われて。彼女のとこは夫婦そろってiPhoneを愛用中らしく、特に旦那のほうは、いろいろなアプリケーションをダウンロードしまくっているらしい。

僕もインターネット経由で受信するラジオのアプリケーションが存在することは知っていたけど、「まあそのうち」っていう感じで、手を出さなかった。

ちょっと気になったのでいろいろ調べてみた。無料のものも数多くあるが、僕はあえて700円も出して有料アプリケーションの「Tuner Internet Radio」というのを購入ダウンロードした。

結論から言うと、すっごく良かった。インターフェイスもなんだかCoolだし、選曲も簡単。

僕はニュース好きなので、なんとか海外ニュース番組を外出したりドライブするときに持ち出したいと思っていた。今までは、強引にラジオからMDに落として聴いたりしていたが、しょせんLIVEではなく録音。長い時間録音すればするほど、ニュースの新鮮さは失われる。「Tuner Internet Radio」のおかげで僕の大好きなBBCワールドサービスが、いつでもどこでも楽しめるようになったのは夢のようだ。

もちろん、世界中のあらゆるジャンルの音楽も聴ける。(こちらのほうが、普通の人にとっては魅力に違いない)

3Gではインターネットラジオは途切れ途切れにはならないだろうか、と不安もあったが、いろいろ試してみたところ心配ない。インターネットラジオの音質自身、CDにはちょっと負けるが、車やヘッドフォンなら、まあまあ楽しめるレベルの音質だろう。僕が車の中で聴くなら、iPod用接続オ端子か、オーディオ音声入力端子からつなぐ。

これで外国の放送を聴けば、いつでも気分は海外だ。

このYoutubeのビデオは、Tuner Internet Radioを使ってあるFM局の番組を聴く方法を説明しているもの。もしこのアプリケーションに興味があれば、英語の勉強も兼ねて見てみてね。


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
iPhoneフル活用でけっこうだねぇ。でもこうなると、電池の持ちが気になるなあ。

Talking Cat


みんなあ、英語なんてネコでも話せるんだ〜。がんばろう!

・・・ってな感じで、このビデオのトーキングキャット。なんかアニメから飛び出してきたようなちょっととぼけた表情で、何やら酔っぱらったように意味不明なことを口にしています。

Youtubeで、「しゃべる動物」というタイトルのビデオがたくさん見つかる。けっこう「話してる」というには苦しいものが多いですが、このネコは確かにしゃべってますね。笑えます。

英語を書く練習として、Youtubeで英語のコメントを投稿してみるのもいかがでしょうか?

◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
さすがに「しゃべる魚ってのは無いなあ」

最近急速にシェアを伸ばしているMac。いろいろなところで便利なPC辞書を紹介してきたが、そのたびに「Macを使ってるんだけど、どうしたらいいの」という声が出る。

そんなMacユーザーにGood news! あのBabylon(バビロン)のMac版がついに発売された!(実は9月17日だったんだらしいけど)

Macには標準で辞書がついていて右クリックで「辞書を調べる」を使えば一応辞書引きはできるが、反応が遅い。Babylonだと、検索が非常に早いし、あとでいろいろ辞書が買い足せるのもいい。
(Windows版で英辞朗を入れることができたから、Mac対応版でも出来ると思うが、要調査)

Babylon Macのサイト

どうやら、Windows版と違い今のところ無料お試し版がないのが残念だ。1ライセンスで約1万円とけっこう高いが、それだけの価値はあるのではないだろうか。


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
まず自分で使ってみないのか?

ちょっと前にトヨタ自動車博物館へ行ったら、デロリアンが置いてあった。デロリアンと言えば、映画「Back to the Future」でタイムマシンとして登場した車。現実に見ても、どうしても映画のことが頭にあるので、本当にどこか別の時代にすっ飛んで行ってしまうような雰囲気があった。

タイムマシンとしてのデロリアンあくまでもFictional car。つまりテレビや映画に登場した現実には存在しない車だ。

今日は、そういったフィクション上の車のモデルのランキング特集をTIME誌でみつけたのでその紹介。ちょっと古くてなじみのない車もあるかもしれないが、とりあえずリンク先からスライドショーをどうぞ。

Top 10 Fictional Cars (TIMEより)

アニメの車が出てくると、「あれっ?」って感じだけど、なかなかおもしろいランキングだ。日本でもそういう特集記事があったらきっと「ウルトラセブン」のポインターとか、なつかしいのがいろいろ登場しそう。そんなのあったら、また教えてくださいね。


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
だれだ、また影響されて自分の車をナイトライダーのキットに改造しようとするやつは・・・

↑このページのトップヘ