2009年10月


仕事をして家に帰ってきて、夕食を食べて、さあ、英語の勉強、と思ったら眠気が襲ってきた。・・・なんてことよくありますよね。

最近僕は、そういうときに目を覚ます方法を思いついた。
ゲームだ!!

iPhoneにゲームアプリケーションとか入れておくと、ついついゲームばかりしてしまって、肝心の英語を聴かなくなってしまうので、学習者にとって危険ではあるが、うまくつきあえば、非常に役に立つ。

眠くなったら、ゲームをちょっとやり目を覚ます。うたたねを防げるので、時間が有効に使える。

僕は昨夜も昔懐かしい「パックマン」をやったら、すっかり目が覚めた。

一応、英語の勉強に役立つ情報でしょ?


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
遊んでばっかしいたらダメだぞ。


Apple\'s \"Get a Mac\" ad: \"Broken Promises\"


Windows 7は、この問題(PCウィルス)を克服できるか?
アップルのWindowsをからかうCM(TV ad)の最新版です。

当たっているだけに・・・・?


下のリンクから、BBCのスライドショー「Day in pictures」に入って、7枚目の写真を見てください。

BBC Day in pictures より

大きなワニが、まるごと並ぶ、中国の怪しいシーフード店。

スライドショーは、英語の勉強をする人には、とっつきやすくていいと思います。

マウス辞書なんかを使いたいときは、こっちのリンクを。

Yahoo News(US)より

ちょうどこの「ヤンキーズ・ワールドシリーズ進出」を読んでいるときに気がついた。ニューヨーク・タイムズで、個別の記事全体を表示して読んでいるとき、単語をダブルクリック、またはハイライトすると、はてなマークが現れ、それをクリックすると、辞書ウィンドウがポップアップして、辞書引きをしてくれる。辞書は英英辞典だが、辞書であることに違いはない。

ヤンキーズ・リーグ優勝の記事(The New York Times)
(注:ニューヨーク・タイムズをWebで読むには、簡単な登録手続きが要るようですが、無料です)

ひょっとして、ヤンキーズの記事は、日本人がたくさんアクセスして読むから、特別に辞書サービスをしているのかも、と思い、ホームページにもどって、こんどは、あまり日本人の読まなそうな医療目的でのマリファナ使用についての記事を表示して読んでみた。

こちらも、同じように、単語をハイライトし、出てきた「?」マークをクリックすると、やはり英英辞典がポップアップして自動的に辞書引きしてくれた。
ちなみに、「police officer」のような2語からなる語も、2語ともハイライトさせてクリックすると、ちゃんと「police officer」という語の固まりで辞書引きしてくれたる。ただ2語のは、少し限界があるようで、「Dokopop!」のようにはいかない。

それでも、あるていど知らない単語の意味の見当がつけば、それだけでも、かなり情報は得られるだろう。

これはWindowsでも、Macでもどちらにも対応している。

こういったサービスの英字新聞が、今後増えてくるのかもしれない。

Apple reporting news about Windows 7


マイクロソフトのの最新OS「WIndows 7」が発表され、日本のテレビなどでもその発売の様子などが報道されている。

でもMac派からの視線で見ると、その実態は・・

この画像はアメリカのAppleのコマーシャル。PCをアップグレードする人たちの声を聞くと、「どうせ新しいOSになるなら、この際、評判も良いMacにスイッチしちゃおう」だって。





↑このページのトップヘ