2010年11月

iPadをはじめとするタブレット端末が脚光を浴び続けているが、2014年までにタブレットがパソコン市場の10%に達するという予測が、Gartnerという調査機関から出された。

Tablet taking bite our of PC sales: Gartner

僕の周りにもiPadを使っている人が少しづつ増えているみたいです。他のメーカーもタブレット端末を続々と発表してきているし、そもそも本格的なパソコンまでは必要なかった人たちには、タブレット型のほうが使いやすく親切なのかも。個人的にはiPad 2が待ち遠しいけど。



*上記で紹介した英文サイトを読みたいけど、英語に自信の無い方。マウスを当てるだけで単語の意味が引けるツールを利用しながら読んで見て下さい。

ポップアップ辞書の紹介(英語インジャパン)




iPhone 4に切り替えてから既に4ヶ月ぐらい経ったが、なかなか気に入ったケースが見つからなかった。アンテナ問題で、アップルからバンパープロテクター(ケース)が無料配布されたが、僕はたぶん使わないと思って、もらわなかった。

僕は心配性なのか、分厚くてがっちりしたケースでが好きなのだが、ついに理想のケースを見つけた。それが、このビデオでデモンストレーションをやっている「インパクトバンド(Impactband)」という製品。

紹介はこの製品を製造販売している会社の以下のサイトを参照して下さい。

Impactband の詳細(Base1Labsのサイトより)

Reviewのページに書いてありますが、アメリカのMac系サイトや雑誌での評価も高いようです。

日本では販売していないみたいなので、このサイトで申し込んでアメリカから送ってもらうことになりますが、この製品自体が$21.95。 送料は$6.95です。円が強いので、ずいぶん安く感じます。

実は僕は先週申し込んだので、そろそろ到着するはず。実際に使ってみたら、また感想など報告したいと思います。

*上記で紹介した英文サイトを読みたいけど、英語に自信の無い方。マウスを当てるだけで単語の意味が引けるツールを利用しながら読んで見て下さい。

ポップアップ辞書の紹介(英語インジャパン)


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
まさか、高いところから落とす実験なんかしないだろうなあ。





今年前半にアップルがiPadを発売して以来大きな話題となっているタブレット型PC(端末)。あっというまに人気に火が付き、その後サムスンはじめ、多くのメーカーが競ってタブレット型端末を発表してきている。

さて、その御本家、アップルのiPadだが、はやくも次世代・新型のうわさが流れてきている。通称「iPad 2(トゥー)」主なアップデート事項は以下の通り。


・両面カメラとビデオ通話(Face Time)
・USBポート
・さらに鮮明なディスプレイ
・3-axis ジャイロスコープ
・改善されたモビリティ


両面カメラとFace Timeについては、ほぼ間違いないだろう。iPod touchにすら付いているのだから、当然といえば当然だ。

USBポートについては、欧州委員会がスマートフォンなどモーバイルディバイスにスタンダードマイクロUSBを装備するよう求めていることから、可能性が十分ある。もしそうなれば、たとえば、馬鹿高いBluetooth(ブルートゥース)キーボードなど買わなくとも済むようになるし、アップル純正アクセサリー以外にも、いろいろなiPad対応アイディア製品が出てくることが期待できる。

iPhone4、あるいは新型iPod touchのレティナディスプレイの超高精細の画面になれてしまうと、iPadの画面でWebを閲覧したりすると、なんだがフォントがぼけてみえてくる。 当然レティナディスプレイ搭載に期待が高まるのだが、これは果たして可能か? 小さなiPhone程度の画面サイズならいざしらず、iPadのような9インチを超える大画面であれをやろうとすると、相当なグラフィック性能と消費電力が必要で、バッテリー寿命も気になる。コスト的にも相当高く付くが、アップルならではの量産効果でクリアしてくるのだろうか。レティナまでいかなくとも、HDに対応する程度の高画質に改善されることは十分ありえるだろう。
(ご存じでない人のために一応:ちなみにレティナ・Retina とは「網膜」の意味、画面のドットが人間の視覚で認識できる以上に精細であるという意味でれて「レティナディスプレイ」と名付けられた)
iPadの大画面でRetina Display なら僕は欲しい!


3-axis ジャイロスコープはiPhone4にも搭載されている重力センサーで、iPad本体の動きを伴うゲームのアクションが改善される。


モビリティ改善に関しては、現行iPadが重いという苦情があるので、より軽く薄く、という流れになってくるだろう。カーボンファイバーやアルミニウムの使用、意外と重いスクリーンのガラスも軽量化される技術があるのかもしれない。あと100グラム軽くならないかなあ・・・と思っている人は多いだろう。

発表は、来年1月、発売は4月頃か。

ちなみに、以上の情報源は、台湾でiPadの部品供給を担当するメーカーからのリークとのこと。

また、iPadは現在の9.7インチから7インチになるという情報も。

7-inch iPad 2 to have USB port, two cameras( Macworldより)

しかし、7インチに関しては、先日アップルCEOのスティーブ・ジョブズが「小さくて使い物にならん」と否定したばかりだから、ちょっとありえないかも。

うーん、いずれにせよ、タブレット購入で迷っている人は待つ?

*上記で紹介した英文サイトを読みたいけど、英語に自信の無い方。マウスを当てるだけで単語の意味が引けるツールを利用しながら読んで見て下さい。

ポップアップ辞書の紹介(英語インジャパン)


◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
このあいだ買ったばかりだと思ってたら、次から次へ新しいものが欲しくなるんだなあ、お前は。





突如、北朝鮮が韓国ヨンピョン島を砲撃。朝鮮戦争休戦協定(1953年)の締結以来の暴挙により民間人にも死傷者が出た。

北朝鮮国内の引き締めを図るためか?後継者の実績作りのためか?
今後を予想するためにも、この国の内部を今一度よく見てみるといいかもしれない。

・・・ということで、今回紹介するのは、VBS TVの製作した北朝鮮の内部を紹介するビデオ。VBSのサイトに行くと、英語字幕付きでこの映像全体を見られる。

英語も勉強しながら、危機に備えよう。

VBS-TV North Korea

北朝鮮危機の背景についてのQ&A集がBBCサイト内にある。わかりやすくまとまっているので、情報を整理して理解したい人は、参考どうぞ。
Q & A 北朝鮮危機(BBC)

◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
「うまいもん」どころのさわぎじゃなくなったなあ。



たまには気分転換にと、ナゴヤドームで開催中の「うまいもんワールド」というイベントに行ってきました。

入場料は1000円(当日券)取られるが、中にはいると、いろいろ試食できる店もあるので、けっこう悪くないかも、っていう感じ。

沖縄から北海道まで、日本全国のうまいもんを販売する店が連なる。みんな結構お値打ちに食べられる価格設定になっていて、やはり人気の店には客が行列。

僕が食べたのは、かに・いくら・うにがたっぷりのった北海道の海鮮丼、地ビールを数杯、あとはビールを片手に試食で食いつないでました。持ち帰りように大阪某店の「とろ鯖寿司」は、その場で作っているため、けっこうならんで時間待ちしたが、その価値はあったように思う。



昼過ぎに現地到着したのだが、全部くまなく回りきる、というわけにはいかなかった。超激安の愛知の地場野菜もあったし、地酒もあったし、漬け物もあれば干物も・・・と本当にきりがないほど、美味しそうなものが目白押しのイベントでした。

てなわけで。

◆◆◆◆◆
サカナマンのコメント:
久しぶりに突っ込ませてもらうけど、今までこんな非国際的なことを書いたことはなかったよなあ。

↑このページのトップヘ