2011年03月




2歳の子でも操作できるぐらいiPadは使いやすいのか、それともこの子が天才なのか。
Youtubeには2〜3歳児がiPadを使いこなすビデオが出ているみたいです。





めちゃくちゃ上手いです。歌声似過ぎ。こんなドライバーがいたら乗りたい?

ちなみにビリー・ジーンの歌詞は以下のリンクを参照してください。

Billie Jean 歌詞


他の曲も聴きたいなあ、なんて思ってたら、こんなのもありました。





もっと聴きたい!

この夏のモデルチェンジのタイミングを待ってiPhone購入、または新モデル切り替えを考えている人には気になる噂がでている。それは、iPhone の次期モデル iPhone 5 の発売が秋までずれ込みそうだということ。

これは、今の段階でまだ中国のサプライヤーにiPhone部品の発注がされていないことが根拠となっている。例年通り6月発表発売なら、当然今の時点で部品のオーダーが入っているはずだという。

iPhone 5では、「おサイフケータイ」のような機能の追加、スライド式のキーボードやアルミニウム背面素材などが噂されており、アップルのほうでまだ検討が終わっていないのではという見方もある。

アメリカではCDMA式iPhone が今年2月に出たばかりなのも、次期モデル登場を遅らせる理由のひとつかもしれない。

またiPhone のオペレーションシステムである次期iOS 5 の発表が秋まで遅れそうだという見込みなのも、噂の裏付けになりそうだ。

もっとも、現在のiPhone 4 は、画面のドットが肉眼で見えないほど精細なレティナ・ディスプレイなど、技術的に他社のスマートフォンよりまだまだ先を走っているので、そのままでもまだ行ける、という感じもする。なにしろ最大のライバルGalaxyを作っているサムスンの会長が「iPhoneのほうが進んでいる」と自ら発言するほどである。

今回の噂の元記事は、以下のリンク先なので、詳細が気になる方は読んで見て下さい。

アップルインサイダーの記事


記事内容が気になるけど英単語が分からないという方は、マウスを当てるだけで単語の意味が引けるツールを利用しながら読んで見て下さい。

ポップアップ辞書の紹介(英語インジャパン)






アップルのiTunes ストアで「Songs for Japan」というコンピレーションアルバムが発売されている。エミネム、レイディ・ガガ、US、ジョン・レノンなど様々なアーティストの局が合計38曲も入った豪華版。それがたったの1500円。アメリカではなんと10ドル。

米国版の英語の説明を見ると、
All proceeds go to the Japanese Red Cross.
と書いてあるので、この収益は全て日本赤十字へ寄付されるわけです。
アルバムチャートでは堂々の1位。ありがたいことです。

さっそく僕も買いました。





まだまだ予断を許さない状況の福島原発事故。直接影響ある圏内にいる方達が心配するのは当然だが、はるか何千キロも遠く離れたアメリカで、放射能が飛来してくることを異常に恐れている人が多いのには驚く。西海岸では、放射性ヨウ素の甲状腺蓄積予防に効くとされるヨウ化カリウム剤が売り切れ状態に。あまりの過剰反応に、海外メディアの報道の仕方に問題があるのでは、という声も聞かれる。

ただでさえ人々が不安のために感情的になりがちなこんな時には、報道機関にも冷静な対応が求められる。・・・のに、人々の恐怖を煽ろうとする不届き者が・・・。その名はCNNの人気パーソナリティ、ナンスィー・グレイス。

このビデオは、グレイスと天気レポーターとのやりとり。日本からの放射能でアメリカが危機にさらされていると言わせたくて仕方がないグレイスに対し、気象学者のバーニー・レイノ氏は、「アメリカと日本は遠く離れていて、人体に危害がある量の何十億分の一程度なのだ」と主張する。

おもしろくないグレイスは食ってかかる。「ではなぜカリフォルニア州知事は、緊急事態宣言をしたのですか?」え、そうなの、カリフォルニアで? やっぱりやばいのか? ところが、調べてみると、実際にカリフォルニア州の発表は、以下のような内容だった。


アメリカ環境保護庁、原子力規制研究会、米国国土安全保障省が全て「日本の原発事故によるカリフォルニアならびその住民への危険は無い」と発表していることを強調させていただきます
(California Emergency Management Agency Web サイトより)
ナンスィー・グレイスは、ニューヨーク大学等で刑法を学んでいて、犯罪事件をセンセーショナルに伝えることで有名。言いたいことをずけずけ言うスタイルには常に賞賛と非難がつきまとっているという感じの人。彼女にとっては、科学的事実などこの際どうでもいいのだろう。まったくとんでもない人だ。

ジョン・ステュワートのThe Daily Show が、このCNNでのやりとりを取り上げ、グレイスを批判して笑いのネタにしていた。

The Daily show "Wen Reporters Attack"

アメリカでもまともな番組は、以下のビデオのようにしっかり冷静に解説をしているようです。ちょっと安心。









↑このページのトップヘ