カテゴリ: Mac




どこでも出没する「Macの動作が遅くないですか」

「Macの動作が遅くないですか(Slow Mac?)」「Clean your Mac」とかいう広告をよく見かけることがあるのではないでしょうか? そもそもあれ、なんだろう、と思いつつ、何となく怪しい広告かな、とクリックするのをやめておいたり、好奇心で思わず開いて見たりと、皆さん様々な反応をされることでしょう。

気になって、Googleなどで<MacKeeper>を検索すると、「ありゃ悪質なウィルスだ」「詐欺だ」「入れたらよけいMacの動作が遅くなった」「一度入れたら最後、削除しようとしても完全にはアンインストール出来ない」「ハードディスクのデータを全部消されちゃった」「広告が表示されるだけでメモリーを大量に消費される」「ポップアップ広告がうっとうしい」などという結果がどんどん出てくる。日本のブログでもボロクソ書かれているし、アメリカでもMackeeper の悪評はどとまるところを知らない。

その一方でITやMac関係のプロのライター達からは非常に高い評価を得ており、一つも苦情めいた批評とか、データが消されたといったことは書かれていないようだ。
評価の一例:Keep your Mac tidy with Mackeeper」(TUAW)

なぜプロの人達に高い評価を得ているものが、一般ユーザーからは酷評されるのか? さっぱり訳がわかりません。


Cult of MacがMackeeperの開発会社を取材

そんな謎を突き止めるべく、アップル製品情報サイトとして有名な「Cult of Mac」のLeander Kahney 記者が調査をした記事があるので紹介したい。

まずは、Kahney記者はセキュリティソフトウェアを出しているZeobit 社とNorton(ノートン)で有名なシマンテック社を当たって、疑問をぶつけた。 「Is Mackeeper really a scam?(Mackeeperは本当に詐欺か?)」(Cult of Macより)

Zeobit社のPRディレクターのJeremiah Fowler氏は、自社の悪評について、「MacユーザーはMacはマルウェア(悪質なPCウィスルやソフトウェア)に影響されることはないので、ウィルス対策ソフトは要らないと信じているから、Mac用のウィスル対策やセキュリティソフトウェアを出しているだけでも『詐欺』ということになるらしいんだ」と語る。
「インターネットだと匿名だから気軽な気持ちで世に出ている製品とかサービスのことをけなす人ことができるんだろうね。私たちも150人の社員がいて、自分たちの会社で作っている製品とそのユーザーの皆さんのことを大切に思っているんです」とEメールで答えた。

シマンテック社のMac製品部長のMike Rome氏も電話でのインタビューで、同じようなことを語った。「うちの会社はMac向けのセキュリティ製品を売るというその考え方自体を批判されているようです・Macユーザーには、セキュリティ製品を全く必要のないものだと考え、むしろOS Xの機能を損なうものとすら考える人がいます。しかも、そういう人達のコミュニティは声を大にして叫びますからね。お絵かきソフトでも作っていた方がよっぽど楽でしょうね」

このシマンテックのRomo氏も筋金入りのMacユーザーで、Zeobit社と同じようなことを言っている。「批判的な人に実際にセキュリティ製品を使ってみたのか、と尋ねると十中八九は「使ったことは無い」と答えるですよ」「私たちは嫌われることに慣れちゃいました。けど、私たちは自分たちがやっていることが好きだし、信じているんです」と語った。


Mackeeper悪評の原因

Zeobit社のFower氏は、自社がインターネットの掲示板で叩かれっぱなしの「パンチバッグ」になっていることには4つの理由があると言う。
①ライバル社のネガティブキャンペーン
②Zeobit社のアグレッシブな広告手法
③手の付けられないアフィリエイトプログラム
④正当なソフトウェアである「Mackeeper」と悪質なマルウェア・トロイの木馬の一種である「MacDefender」の混同

MacKeeperの悪評は、ネット上の広告によるところが大きく、広告担当会社がしつこいポップ広告も含め、所かまわず宣伝を出していること、アフィリエイトプログラムの乱用といったことが原因となっている。Zeobit社のこの安っぽいマーケティングは、コントロールの及ばないサードパーティーによるものであるようだと、とKahney 記者は考える。

そもそも、Zeobit社が狡猾なウィルスを作るハッカー集団みたいなものではないか、という当てずっぽうの非難は全く的外れだろう。なぜなら、この会社はMacWorld Exp(アップル社自身も参加するアップル製品の発表や展示を行うイベント・2009年まで開催されていた)のスポンサーの一つであった。それに現在でもアップル公式ストアでMackeeperのライトバージョンである「911 Bundle」という製品が売られている。アップルストアでは、マルウェアを当然ながら厳しく審査しているから、悪意のあるプログラムと言うことはあり得ない。

Cult of Macのオリジナルの英文記事には、Mackeeperの悪評の原因について、MackeeperのPRディレクターのJeremiah Fowler氏から「Cult of Mac」へ当てたメールが全文掲載されている。リンク先はこちら。

また、MackeeperのオフィシャルYoutubeチャンネルは以下のリンク先へ
http://www.youtube.com/MacKeeperTV


結論:Mackeeper 悪くない製品みたいです。ただこの元記事のコメントには、「やっぱり俺には不要」とか「広告会社が勝手に暴走して・・・っていうのはありえるのかなあ。俺ならクビにするけど」っていう意見は多いみたいです。

アップルストアを訪れてみると、レティナ・ディスプレイMacBook Proや、カーナビ機能を追加したiOS 6に隠れて、アップルはこんなものも登場させているのに、気がついた。



一瞬「今までのスマートカバー(smart cover)?」と気付かなかったが、よく見ると、iPadの裏側まで覆われいてる。そう、これはケースなのでした。

これまでスマートカバーだと、ディスプレイ側だけしか保護されなかったので、裏面には別途シリコンや樹脂のカバーが必要だった。アルミニウム製の裏面は傷つき安いので、気になっていた人も多いはず。4,400円なら若干高いが、サードパーティーの出している1000円や2000円で買える製品は、カバーの開閉に合わせてiPad本体がスイッチON/OFFする機能の作動が不安定だったりするものも多いみたいで、やっぱりアップル純正がいい、という人には朗報です。

iPad Smart Case (アップルストア)




2012年のWWDCが、6月11日(サンフランシスコ時間)で開幕した。
Keynote(基調講演)では、さっそくアップルの新製品の紹介が盛りだくさん。

成城進化した従来のラインナップに加え、レティナ・ディスプレイを搭載し、光学ドライブを廃止したMacBook Pro with Retina Display、新Mac OSのMountain Lion、iPhone/iPad用iOSの最新版iOS6。これによりiPad(新型)でもSiriが使えるように。

個人的には、iPadでSiriが使えるようになるのが一番うれしい。Siriでチケット、レストランの予約が可能になったり、車メーカーとコラボで、Siriを運転中画面を見ずに使えるようになったりとSiri一つをとってもニュースに溢れている。

iOS6は、今年秋導入予定で、おそらくiPhone 5の発表と同時期と思われる。Google Mapと決別し、Apple独自のMapsが採用され、3Dビューも見られる。

Apple スペシャルイベント ビデオ

新聞・テレビのニュースなどでさっそく報道されていると思うが、詳細を知るには、アップルの公式サイトに限る。日米両サイトを比べながら読めば、英語を勉強している人には、格好の学習素材ともなる。

Apple site
アップルのサイト








iPhone やiPadの使用を契機に「Macに乗り換えようかな」「それならノート型のMacbookみたいなのがいいかな」と購入を検討している方。今買ってはいけません。もう少しだけ待って下さい。モデルチェンジ情報が入っています。

新モデルの話は、Appleストア店頭でスタッフに聞いても「知りません」といわれるだけですが、すでに様々なソースから推測ができています。

アップルが6月11日月曜日からWWDC(Worldwide Developers Conference・Apple主催のデベロッパー向けイベント) を行うと正式に発表した。開催地はサンフランシスコで時間は現地時間午前10時(日本時間は12日未明)。冒頭に行われる基調講演(keynote)で新製品の発表があるはずだが、今回確実に発表になるとみられているのは、新型Macbook Pro。今までより薄くなり、プロセッサーも強化され、フラッシュメモリーの採用により、Macbook Airのような素早い立ち上がりが可能になるとみられる。また今回特に注目されるのは、iPhoneやiPadのような高精細な画面、通称「レティナ・ディスプレイ(Retina display)」の採用だ。人間のretina(網膜)で画面のドットが認識できないほど高精細なディスプレイは、パソコンにおいても非常に魅力的だと思う。

僕も3月登場以来新型iPadを使っているが、目がレティナ・ディスプレイに慣れてしまって、普通のパソコンの文字がぼやけているように感じて仕方がない。本当に採用されれば、ついにパソコンにもレティナ・ディスプレイ時代が到来となる。

新Macbook Proに関してはその他、USB3の採用、光学ドライブの廃止など気になる情報も。
実際には、発表当日にならないとわからない。通常Macbook Proなどは、発表の日にすぐ発売開始となる。6月12日をお楽しみに。

予想に関しては情報は下のNewsyのレポートを参考にして下さい。






新しいMac OSX「Lion」の発売が始まった。同時にMacBook Air とMac miniもアップデートされた。

MacBook Airの変更内容はあるていど予想された通りだが、光学ドライブを廃し、Mac mini本体の底蓋が開けて、メモリー増設できるようになったのには驚いた。

アップルの公式サイトの英語と日本語は基本的にまったく同じ内容なので、このふたつを比べてみると英語の勉強になるのでお勧めです。

Apple (US)

アップル公式サイト(日本)

↑このページのトップヘ